◇◇ 北海道富良野市 富良野岳ハイキング 思い出記録 ◇◇
Page 1-1

登山日: 2015/07/20
場 所: 北海道富良野市 富良野岳1,912m 
メンバー: 1名
コース: 十勝岳駐車場07:20 - 上ホロメカ分岐08:40 - 十勝岳分岐10:15 -
  富良野岳山頂(昼食タイム)10:50-11:17 - 十勝岳分岐11:55 -
  上ホロメカ分岐13:00 - 駐車場到着13:45

    約6時間25分コース(休憩含む)歩行時間
地 図  北海道富良野市 富良野岳ハイキングコース

 今回の北海道旅行はじっくりとハイキングをしたいと計画を立ててやってきたのだが天候がパッとせ
ず今日も予報では雨のち曇りであったので富良野の町でぶらぶらする予定を立てていたが朝起きる
と空一面が青空になっている、スマホで天気予報を確認するところりと変わって一日晴れに変わって
いる、観光などしている時ではないと朝飯も食べずに十勝岳駐車場に向かったのだった。

 駐車場に到着すると道路まで車があふれている、今回は出だしが遅く完全にしくじり気味になったの
で登山道から遠い場所に停める羽目となった。北海道の天気予報を甘く見ていたかも知れないが一夜
にしてこんなに変化するなんて・・・。駐車場で朝飯の準備をしてそそくさと胃袋に入れてハイキングの
準備をする。

 またまた今回もやらかしてしまった、安政火口を上から見たいと岩の山肌部分をどんどん上がった
が遠すぎてはっきりしない、途中で諦めて戻ればよかったのだが横にトラバースしながら登山道に出
ようとしたが途中から急坂や藪となり悪戦苦闘。ようやくハイキングコースに戻ると後ろから来た人が
キョトンとしながら見ていた、ちょっと恥ずかしい。

 ハイキングコースに戻るとやっぱり楽に歩くことができる(当たり前だよね)。途中からはコース沿いに
いろんな花が次から次へと現れて目を楽しませてくれる。

 この時期は花に見とれて階段やら坂などあるのだがあまり気にならないのがいい。写真を撮りなが
らの時間が休憩タイムになっているのだろう。

 遠くに先のとがったような形をした十勝岳が見える、手前が上ホロカメットク、あの別世界を見てみた
いと思うが今回は花の富良野岳が目的なので、まずは富良野岳まで。

 分岐点から少し登るとハクサンイチゲをはじめシナノキンバイ、ミヤマキンポウゲ、ミヤマリンドウ、
チングルマ、エゾヒメクワガタ、エンレイソウ、コケモモ、ツガサクラ、イワヒゲ、コマクサ、エゾコザクラ
イソツツジ、ウコンウツギ、ハクサンチドリなどなど目いっぱいの花が楽しめます。

 山頂で昼食をと思っていたのだが虫が多くて落ち着かない。それでも10名ほどの人が昼食タイムを
しているので同じように昼食タイムとしたがどうにもうるさぃ、落ち着いて食べていられないのでおにぎ
り一個食べただけで早々に終わりにして記念写真など撮影して下の中間の分岐点で食べようと25分
程度休憩したところで下山開始。

 ゆっくりと花畑を見ながら下山します。

 斜面にはハクサンイチゲとチングルマが見事に咲いている。今回が山の花見シーズンのピークかも
しれない。途中の分岐点で再び食事を摂ってから登ってきた道を下って。

 順調に無事下山完了、駐車場そばに十勝岳温泉があるので汗を流してから帰ることに、以前にも寄
った事のある露天風呂に入ろうと再び寄り道すると10名程度入っている。温泉は上下とあり温度はち
ょうどいい感じでついでに写真も。この後は道路沿いにある「白髭の滝」、「青い池」では日曜日のせい
もあり車の大行列で見学者半分以上は中国、韓国、タイなどのアジア人であった。
今日は朝からドタバタとしながらのハイキングであったが今後の週間天気予報では曇り雨が多く今日
を逃すとハイキングのタイミングがつかめない状況だったので実行したが大正解であった。
この後は・・・・
jquery lightbox tutorialsby VisualLightBox.com v6.1

おしまい